メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲

昨日ハンブルグでメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いてきました♪ソリストはドイツ人の
ヴァイオリニスト、アンネ・ゾフィー・ムター。オーケストラはノルウェーのオスロー交響楽団でした。

久しぶりに大変素晴らしい演奏会へ行くことができました。教える仕事に就くようになってからは、
演奏会がある夕方もほとんど勤務時間なので、週末以外はなかなか行けなくなってしまいました。
仕方ないです。。学生だった頃は破格のチケットでいつも聴けましたし、今は思えばあの頃は自由な時間もたくさんあったので、とても贅沢だったかもしれません。

実はヴァイオリンの音色がすごく好きです!心の叫びをそのまま表現してくれる楽器のあの
音色には惚れます。もしヴァイオリンが弾けたら、特にメンデルスゾーンの協奏曲は絶対に演奏
したかった曲です!!(決して簡単には弾けない曲ですが・・)しかもムターのこの曲のCDは高校生の頃初めて自分で買ったCDでした!

なので先日街のポスターで演奏会のお知らせを見つけたときには、たとえ忙しくても何とかして
行けたら!! と思ったのです!

そして念願のライヴコンサート!!舞台に出てきたムターは、非常に華やかでしかも飾り気ないのにとても美しかったです。

CDと違い、実際に聴く演奏は想像以上に直接に心に語りかけてきました。全ての音が魂の音でした。
静と動のコントラストが激しく、とくに動きのあるところでは、どうなるかと思うぐらいの気迫でした。
そういう部分では突然早くなったりしていたので、何十人もいるオーケストラが一緒についていくのは大変なのじゃ・・と思っていましたところ、ムターは何度もコンマスの方を見ては、体全体でオケを引っ張っていこうとしていました。演奏もそうでしたが、引っ張ろうとする姿もものすごい気迫でした。。031.gif

こちらは演奏が終わったあとの、優雅なアンネ・ゾフィー・ムターです。ケイタイ写真なので、ちょっと
わかりにくいですが。。
b0177415_6303894.jpg


今年はメンデルスゾーン生誕200周年ですが、この年に念願だったアンネ・ゾフィー・ムターの
ヴァイオリン協奏曲が聴けて幸せでした。この曲の聴く者の悲しみを癒してくれる有名でもある旋律はいつ聴いても心震えます。

躍動感ある素晴らしいオーケストラと、魂の音で聴く者を魅了してくれたソリストの演奏会を聴けて
帰るときにはすごく心が洗われていました。心の中にあった患いも悲しみも全て洗い流され平安な
思いになり、聴き終わったときは足に羽がついたような感じでした!!

音楽芸術が人の心に作用する影響力は知ればしるほど驚くばかりです!060.gif
[PR]
by pianist_naomiy | 2009-05-25 07:29 | つぶやき