スタインウェイ・ハンブルグより

ここ最近は夏休みだったため、これからの演奏会のための練習や、普段出来なかった
ことをたくさんして有意義に過ごせました。

もう終わりですが!お仕事をするようになって、こんなにもお休みを有り難く思ったことは
ありません!

今年は秋に一時帰国を予定しているため、この夏はドイツで過ごしていました。毎年
猛暑の中日本へ行っていましたが、夏をこちらで過ごしたのは5年ぶりぐらいになります。

今年の8月はとにかく心地よい気温の中で、とーっても過ごしやすかったです!

気持ちのよい気候の中、住んでいるハンブルグを案内してもらいながら、
4時間かけてサイクリングで街の中を走り周ったりと・・・

この夏はここの街の良さを新発見し、こんな所に住んでいたんだっ!と新たに感動して
いました。晴れているとパラダイスに見えます。
b0177415_836037.jpg


こういうことも書こうと思っていたところ・・時間は刻々と過ぎてゆき・・気がつくと・・・
8月もほぼ終わりになってしまいました!

♪♪♪♪♪

スタインウェイピアノの原産地でもあるところに所在する、スタインウェイ・ハンブルグ社より
先日このようなグリーティングカードが送られてきました。

こんなに素敵なカードがあったとは!♪!
b0177415_761295.jpg

b0177415_765370.jpg


何が書かれているのかと言いますと、、、ハンブルグ・スタインウェイ社のホームページに
ピアノの先生としてご紹介させて頂けることになった内容です♪大変光栄な事です。。。

実は、昨年の末に別の文書にてお知らせを郵送で頂いており、ホームページ等の
情報を載せさせて頂けることを伺っていました。

しかし、その時点ではホームページをまだ持っていませんでしたので、出来上がるまで
しばらくお待たせしてしまうことになってしまったのでした。

そうこうしている内に、スタインウェイ・ハンブルグ社より再度電話でのご連絡があり、

さらに手紙を直筆で書いて送ってくださったのでした。文の冒頭は、「電話でお話したように・・」
と始まっています。大変有難いことです。。

こちがらがスタインウェイ・ハンブルグ社のHPです。(ドイツ語のみです)

今回同社のHPに、北西ドイツに在住するピアノの先生を紹介するコンテンツが新しく作成され、
わたくしはハンブルグ地区のピアノの先生として登場させて頂いております。

また個人的なPRの部分に、

スタインウェイ・アーティストであること、ハンブルグ・ヨハネス・ブラームス
音楽院で教鞭を取り、コンクール出場への準備の指導が可能なことが書かれております。

ピアノ教師としての資格を現地で取得はいたしましたが、外国人として生きる身にとって、
このようにご紹介くださっていますのは、大変有難いことだと感じております。

教えるということは同時に学ぶことだとつくづく感じております。

レッスンでは音楽を通してその方々の個性に触れることになりますが、
教師と生徒の両方にとって大変尊いことだと思っております。

これからもさらにがんばります!!

スタインウェイハウス・ハンブルグ社の前
b0177415_7122024.jpg


スタインウェイハウス・ハンブルグの店長さんと。非常にフレンドリーな女性です!
b0177415_7183461.jpg

[PR]
by pianist_naomiy | 2009-08-28 09:09 | ドイツで