日独交流~続き♪

ドイツ大使公邸でのコンサート終了後のレセプションでは、様々な方々との貴重な出会いの場となりました。

大学教授の方々、各学校の学長もお見えになられ、また通訳翻訳者として国際機関の一線でご活躍されている方々よりも、お声かけいただき貴重な出会いができましたことを、心より嬉しく存じます!

ご自身もドイツに滞在され、ドイツ語と日本語を駆使されてこられたことをお伺いしましたときには、本番での自分のトークを思い返し、一瞬血の気が引いて倒れそうになりましたが042.gif、、皆さま初めての出会いであるにも関わらず、ご自身の大変貴重なご経験などもお聞きかせいただき、また温かいお言葉もおかけいただき、ありがとうございました!

大使ご夫妻も大変フレンドリーな方々で、ご来場の方々お一人お一人に温かいお言葉をかけられ、その姿には皆さまも心打たれていました。近くにおられた方が、「この心遣い、おもてなしが人々の心を開いて、外交を良好に保つのね。。。」と思わず仰るほどでした。公邸の玄関を出る最後の瞬間まで、素敵な笑顔で「おもてなし」くださいました。

ドイツ大使ご夫妻とです♪

b0177415_13162978.jpg

こちらは演奏直後です♪
素敵な花束と立派なドイツワインまでいただきました(*≧∀≦*)

b0177415_13171577.jpg

当日は留学を考えている10代を中心とする若い方々も来られており、今回のコンサートとお話しを聞きドイツ留学を心に決めることができたと大使にお話しされたことのことで、大使ご自身大変喜ばれていました。

そして、今回のコンサートでは、ピアニストが「ドイツと日本の架け橋」となった、と最後に語られました。

わたくし自身、10代の頃留学を迷っていたときに、当時ドイツ留学から一時帰国した方のお話しとヴァイオリン演奏をお聞きしたことで、同じようにその日の内に留学を決めるに至ったため、お役に立てて嬉しい限りです。

留学を決意したのち、ドイツへの渡航にあたりドイツ大使館には大変お世話になり、当時はドイツ語もほとんどできませんでしたので、期待だけでなく不安もいっぱいでした。ですが、まさかその後このような形で大使館にお役に立てるようになるとは想像もしておりませんでした。

演奏会でもお話いたしましたが、ドイツ現地で、気が付けば人生の大半となる期間、様々な経験を積ませていただくことができたのは、ひとえに多くの心優しい方々と出逢うことができ、また支えられたお陰でした。

環境が変わる道を選ぶときには勇気がいることもありますが、異国の文化を知ることにより尊敬の念が生まれ、価値観や背景が違う方々との理解を得られるという喜びは、未知なことに対する不安よりずっと大きなものかと思います!

 このたびは、日本の伝統的な曲「さくらさくら」を演奏しましたが、この曲をある場面でもう1度聞きたいと、大使ご夫妻よりリクエストいただきました♡どの場面かは、、いずれ追ってお知らせできればと思います♪
b0177415_13215738.jpg


[PR]
by pianist_naomiy | 2016-07-18 13:13