<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ここハンブルグはすっかりと寒くなりました~。。北ドイツの冬は何度経験しても、
寒く暗いというイメージは変わらないです。。(泣)

ですが、このように外に簡単に出られるなくなるということが一つのきっかけとなり、
芸術も多く生み出され、そして何世紀にわたり音楽もより深まってきたのだろうかとさえ
思ったりもしています。。

もちろん天気が温厚でなければ創作されることがなかった音楽もたくさんありますが!

少しづつではありますが、お天気が悪いときでも嬉しくまた有り難く思えるようになってきたこの頃です。

春を迎えられたときの有り難味が増しますし!どんなに避けようと思っても必ず冬が来るように、
その後やってくる春も必ず約束されているわけですよね。生きることそのものかなとも思ったりしています。

外の風景は暗く寒いですが、毎日のようにいろいろな素晴らしい方々に
支えられていることを思うと、感謝でいっぱいになり心の中はぽかぽかです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ここ最近で出演させて頂いた主な演奏会の幾つかを、数回にわたりご報告させて頂ければと思います♪

b0177415_7125595.jpg


ハンブルグ・スタインウェイ社に隣接している、ホロヴィッツホールにてソロリサイタルに出演しました。

ピアノの巨匠ホロヴィッツはロシア人でしたが、ハンブルグを出発に世界のピアニストとなっていったようです。

ホロヴィッツの演奏は、時に大変繊細な音色を持って、天界からヴェールが降りてくるように
人の心に沁みていき、またときには全ての者を轟かせるような地響きを持って聴くものの
魂の底を揺さぶるという感じがします。

さて、、、巨匠の演奏のお話のあとに、自分の演奏時はどうだったか、、ということを思うだけでも
ひっくり返るほど大変恐縮なのですが、、笑、、

とにかく設置されていたスタインウェイピアノの響きと鍵盤の感覚が素晴らしく
弾かせて頂けれるだけでも、本当に有り難く幸せでした。

ただこんなにデカ~いホロヴィッツの写真がバックにずっとあると
なんだか本当に見つめられている感じもしてしまい、、、、

嬉しいというか怖れ(←or 恐れ。。)多かったです。。苦笑

演奏を振り返るともっともっと勉強できたらと思うのですが、同時にあんなこともあるんだ~と
弾く者を夢中にさせてくれるピアノの存在に感謝と驚きの念でいっぱいになります。

そして関係者の方々皆さまに心より感謝しています。

♪♪♪♪♪♪♪

余談ではありますが

その日は乗っている電車が事故で急停車して、大遅刻しそうになったり来てくださる予定だった方の
一人で別の事故に遭われたりとで、ハプニング続きだったのですが、、、

忙しい中飛んで来てくれた親友Aちゃんのお陰でなんとか落ち着いて本番を迎えることができ、
持つべきものは何より友だ~!と感謝感激いっぱいでした。

この場を借りてになりますが、、もう一度ありがとう~!

♪♪♪♪♪♪♪

次回はチェリストと朗読の方との本番をご報告いたします♪
[PR]
by pianist_naomiy | 2011-11-21 10:49 | ドイツで