<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

♫通訳いろいろ♫


気がつくと...またまたお久しぶりです〜...!のタイミングとなってしまいました🙇‍♀️


まずは、、前回の記事の続きです♫


♫♫♫♫♫♫♫♫


♪①マティアス・キルシュネライトのソロコンサート♪


b0177415_14131648.jpeg


テクニックはもちろんの事、多彩な表現と音色の深さで、言葉を失うような感動に引き込まれる素晴らしい演奏でした。ただひたすら、自身が敬意を払う芸術に身を捧げる偽りのないあるがままの姿と音には、10年前

https://naomi21.exblog.jp/13435523/ に拝聴した時より、さらに深みが増し加えられ、コンサート終了後は、たくさんの方々がその感動に浸り続けるべく、マティアス氏のCDを購入されていました。


b0177415_00100212.png


こちらは、マティアス氏の美人門下生と♫

ドイツ留学時代の先輩でもあり、数少ない貴重な日本人同士として、苦楽を共に乗り越えてきた大事なお友達です❗️お互いに、あの時からぜんぜん変わらないね〜⁉︎💞と言いながら、当時のいろいろな思い出話で盛り上がりました(*´-`)


♪②マスタークラス・ドイツ語通訳♪


このたび、数カ所のマスタークラスにて、ドイツ語通訳を務めさせていただきましたが、先生のすべてを全身全霊で学ぼうとされる生徒さんの熱意に心打たれつつ、側で貴重な勉強をさせていただける機会に恵まれました。


b0177415_00111521.png


島村楽器店にて♫

b0177415_00165712.png


b0177415_00121749.png


南麻布セントレホールにて♫

(こちらのホールには、8月と9月にコンサート出演を予定しております。詳細については、追ってご案内いたます♪)


マスタークラスが終わった後、生徒さんの関係者の方々へ大変熱く語られた内容も、大変印象的でした。


♫演奏する目的は、偉大な作曲家が楽譜に残した感動を表現することであり、そのために演奏技術があり、練習方法が存在するのであって、決して優先順位が覆されてはいけない。


♫作曲家が譜面上に音符を残したとき、どこに心を捧げ、何に感謝していたのか、、演奏者はその譜面や音色から何を感じているのか、自ら常に吟味しなければならない。


♫音楽芸術の価値を知るためには、作曲家が生きた歴史背景を知る必要があり、何より演奏者が感性を通じて譜面を理解しているときのみ、聴衆にやっと初めて音楽の感動を伝えることができる。


♫♫


自ら感じてないことは、真似になるだけで、他者へ伝わらない...この事は、演奏だけでなく、、、いろいろな場面にも当てはまるかもしれないと、、と思いました😳❗️


♫♫


そうこうしている間に、、実は、わたくし誕生日も迎えまして、、最新のCDをサイン入りでプレゼントくださいました😭


b0177415_00182286.png


実力や実績のみならず、このように誰に対しても、別け隔てなく気遣いいっぱいなところが、教育者としても演奏者としても、たくさんの方々から慕われる理由だと納得しつつ、いただいたCDをしばらく毎日のように、感動しながら聴いてました😭♫


♪③駐日ドイツ大使ご夫妻と♪


後日、開催されたピアノコンチェルトのコンサートも大好評で、終演後は、またまた長蛇の列となるほど、多くの方々がCDを購入されていました。


b0177415_00185938.jpeg


b0177415_00201844.jpeg


この日は、駐日ドイツ大使夫妻がお越しになられ、コンサート開演前から終演後までアテンドと関係者の方への通訳を務めてさせていただました。大使公邸コンサート


https://naomi21.exblog.jp/26019490/

https://naomi21.exblog.jp/26024917/ を主催いただいたときに、ご夫妻には大変お世話になり、ご一緒でき本当に嬉しかったです。実は、ご夫妻共に大の音楽好きでらっしゃるそうで、演奏についてもとてもお詳しく、ピアニストの心がこもったときの音とそうでない時の音の描写が的確で、聴く耳が相当に超えてらっしゃる事が判明し、とっても驚きました!


♪④関係者打ち上げパーティー♪


マティアス氏が穏やかな方でらっしゃるため、皆さん始終笑顔で、大変温かいひとときとなりました。


b0177415_00483271.jpeg

♫マティアス氏の門下生で東京藝大院生のピアニストさん、国際音楽ジャーナリストの恒川さん、マティアス氏


こちらは⬇️珍しく揃ったヨシムラ(ズ)!?です(笑)サポートミュージックソサエティのFacebookページのスクリーンショットをそのまま載せました♪

b0177415_00381208.png

スタッフの方より、意外な一面に触れられて嬉しかったです、とご親切にコメントいただいていましたが、実は..漫才の部分だったのでしょうか笑....ボケてたのか突っ込んでたのかも...もう覚えてませ〜ん😭✨😖🤣


b0177415_00480632.png


 こちらも、お世話なってますサポートミュージックソサエティの専門スタッフの方と♫この日も、皆さんの写真撮影に率先して専念なさるほど尽くされる方ですが、パーティ会場のピアノで、ショパンのノクターンをさりげなく完璧に演奏されてました! 実は、某名門音大を卒業され、いろいろな場で演奏なさるピアニストでらっしゃり、恐るべしスタッフさんのお一人です😳♫


b0177415_00371165.jpeg


皆さん、素敵な方々ばかりでした。感動の再会だけでなく、素晴らしい方々の新たな出会いもあり、嬉しい限りでした。貴重な日々を過ごさせていただき、サポートミュージックソサエティの方々には、心から感謝しています😌


♫♫♫♫♫♫


実は、、、ここにいらっしゃった方々皆さまにも心配されてしまったほど、しばらく声がまともに出なくなるという病気にかかり、、ドクターストップがかかってしまうぐらい(人生初の😭)声帯炎と気管支炎にかかってしまっていました💦ですが、的確な診断と完璧な判断をくださった大変素晴らしいお医者さんに出会えたお陰で、完全回復しました😭今では元気いっぱいです❗️


一部の方々には、大変ご心配をおかけし、申し訳ありませんでしたが🙇‍♀️できる限り体調管理も気をつけてまいります🎶


長くなってしまいましたが💦ここまでお読みいただき、ありがとうございました😌🎵


[PR]
by pianist_naomiy | 2018-05-20 23:40