11月コンサート報告(その2)です♪♪

南麻布セントレホールにて、ランチタイムコンサートに出演いたしました。

当日、関東は雪となりましたが、お足もとの悪いなかにも関わらず、ホールがいっぱいになるほどの方々にお越しいただきました。

悪天候のなか、早朝より足を運んでくださった関係者の方々、ならびにご来場いただいた方々へ、心よりお礼申し上げます。

ただ、関東は雪国仕様ではないため、交通機関の一部に支障が出てしまい、、
残念ながら来られない方々もいらっしゃいました(´;ω;`)ご親切にも、悔しさと愛情いっぱいに満ちたメッセージお送りいただき、ありがとうございました😆♥
お越しいただけたのと同じぐらい、嬉しかったです(´;ω;`)

これまで、ここでの演奏会出演により、数多くの貴重な出会いに恵まれてきました。

ですが、このたびは、大変お世話になっている方々同士の初めての出会いがあり、実は凄まじく貴重なご縁で繋がっていた事実が判明するという出来事もありました!

音楽によってもたらされるご縁に、とても感謝しています。。同時に、音楽がもたらす影響力の大きさは、人知でははかり得ないものと、怖れ多くなります。

b0177415_01010143.jpg


ここ、南麻布セントレホールに設置されている90歳ほどになるスタインウェイピアノですが、作曲家の平井康三郎さんが生前所持されていたものです。

そして、なんと!この度も演奏しました幻想曲「さくら さくら」の作曲者でもあります😆!!

一説には、このピアノで、この名曲が作曲された可能性もあるとのことです005.gif
b0177415_17281787.jpg

平井さんは、戦後時代の作曲家です。どのような想いでどのような音色に耳を傾けながら、日本伝統の一つであるこのピアノ曲をどのように精魂込めて作曲されたのかと思いを馳せながら、演奏をお届けいたしました。

来年も、南麻布セントレホールでは、コンサート出演がいつくか予定されております。

追ってご案内いたしますので、来たる年もどうぞよろしくお願いいたします🎵


[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-11-30 00:56


寒さが進むと同時に、このブログも凍結状態に入ろうとしてしまいますので、、(^^;

書きそびれないうちに、できる限り書いて参ります(>_<)♪

♪♪♪♪

11月コンサートのご報告(その1)です♪

千葉県松戸市にある老舗料亭「富吉」で演奏いたしました。

演奏曲のひとつ、日本の伝統曲「さくらさくら」がぴったりの場所でした🌸日本伝統の雰囲気のなか、この名曲が響きわたり、感慨深かったです。

女将さん、大のお気に入りの曲だそうです。よかったです!

b0177415_00280061.jpg

着物が似合う女性って素敵ですね。。!😆

今回のコンサートには、松戸市を長くから支援して来られた方々がいらっしゃり、文化交流を通じての松戸市の活性化に熱意を込めて貢献されているお話をたくさんお伺いしました。

松戸市には、もともと通訳や翻訳のお仕事でご縁をいただいていたのですが、このように演奏でも携われることを、心から嬉しく思います!

来月には、同じ松戸市にて、松戸駅周辺商業共同組合主催で、(公財)松戸市文化振興財団などの後援によるコンサートに出演いたします♪

お世話になっている市に貢献できること、また皆さまにお会いできますことを、心より楽しみにしております♪


[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-11-30 00:19

笑顔に感動((T_T))♪

前回のブログでは、体力維持を心配していたところでしたが、、、

今回は力尽きることなく、 2公演同日に行われた歯科院でのコンサートを無事に終えることができました♪

素敵な方々の素敵な笑顔に最後まで支えられました(>_<)♪ご来場の皆さま本当にありがとうございました!

b0177415_01004467.jpg

また、主催者の院長先生をはじめご家族の方々もとても親切で、皆さま芸術文化に深いご理解と畏敬の念を持っていらっしゃり、アーティストとしてもとても励まされました。

コンサートでもお話させていただきましたが、先生に出会ったのは偶然でした。ちょうど昨年の秋となりますが、ある本番を直前に切羽詰まって練習していたのを外で偶然お聴きなられていて、お声かけいただいたのがご縁のきっかけです♪

皆さまとの貴重な出会いに感謝です(>_<)

終演後、とても綺麗なお花をいただきました🌼😊

b0177415_01000310.jpg

皆さま笑顔が本当に素敵でした💓

b0177415_01002142.jpg

向かって右から2番目にいらっしゃる方が院長先生です!皆さま仰るとおり、誠実でとっても愛らしい先生です!(*^^*)

来年も出演いたします♪
また笑顔いっぱいの皆さまにお会いできますことを楽しみにしています(*≧∀≦*)

[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-10-24 21:07

約束♪

千葉県流山市での慰問コンサートに出演いたしました。

昨年、お聴きいただいた方々にもお会いでき、覚えてくださっていました!

「昨年聴いたときより、音が変わったわー!深くなって力強さが増したわね!」とのお言葉をいただいき、音色まで覚えていらっしゃりと!!とても励まされました(。>д<)

普段、外出されることのない状況のなか、演奏を間近に聴けたことのことを、涙ながらに語られました。

状況は事前より存じていましたので、責めて少しでも皆さまの心の糧となるべく、演奏をお届けできればとの思いで臨みましたが、

逆に心励まされ、涙腺のゆるいわたくしは、涙がこぼれないよう耐えました。。
(´;ω;`)

「こんどは、ホールで貴方の演奏を聴きたい。這ってでも行けるよう元気でいるから頑張って!」

涙ながらにいただいたお言葉を、しかとかみしめ約束しました
m(。≧Д≦。)m
b0177415_20590812.jpg

ここで演奏させていただく度に、ひとそれぞれに「与えられた」命に生かされ生きるということを、改めて考える機会に恵まれます。

次回の出演は来春です♪
がんばります(。> - <)♪

♪♪♪♪♪

今月は♪歯医者さんでのコンサートを控えています🎹

ブログには載せそびれましたが🙇💦以前にも出演した場所となります♪

大変有り難いことに、一度ではお客様が入り切れない状況だったため、同じ日に同じプログラムを2度演奏させていただきましたが、、♪♪

1回目終了直後に、すでにエネルギー切れとなってしまい、、舞台裏でばったり伸びきっておりました。。((T_T))

こちらは、2回目終了あとですが、心は幸せであっても、体力はマイナス状態となってました。。(。><)♪
b0177415_18393322.jpg


前回のように、院長先生ご自身が作られるお洒落な看板もご用意されます!上の看板には、ドイツ語で「ようこそ!」とも書かれてます♪

演奏の準備だけでなく、体力作り&維持もがんばります(。><)🎵


[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-09-27 20:57

コンサート in 渋谷 ♪

まだまだ暑さが続く東京・渋谷で、ピアノ調律師さんの主催によるコンサートに出演いたしました。

調律を担当されているスタジオにてのコンサートでした♪

現在は、関東を中心に活動しておりますが、遠くても毎回お越しいただく方もいらっしゃり、とても励まされます(T_T)ありがとうございます(*≧∀≦*)

本番前リハーサルのときから、熱心に聴き入ってくださる方々も!同じ曲を繰り返しとなるにも関わらず、、
とてもありがたいです(。>д<)♪

調律師さんとの出会いは、とても偶然でして、ある日切羽詰まって練習しているところを聴かれ、「もしかしてコンサート控えてらっしゃんですか?!」とお声かけいただいたのが、ご縁の始まりです♪ヽ(´▽`)/

そのとき、また偶然にいらっしゃった女医さんも、今回はご家族とご友人の方々とはるばるお越しくださいました(≧∇≦)

皆さま素敵な方々で、コンサート後はお話もでき嬉しかったです♪ヽ(´▽`)/♪

曲に関するエピソードを交えながら♪
b0177415_20341145.jpg

「意味合いを知ると曲の良さがまったく違って聴こえてきます」とお客さまからのお声をいただくことがありますが、音楽の良さをより味わっていただけると嬉しくなります♪(*´ー`*)

終演後♪
これからどうしますどうしましょう??
b0177415_20343783.jpg

↓と話しあった結果♪
記念写真を撮ることに♪
b0177415_20350101.jpg

しかし、ひとり笑いすぎな人がいたため
(うわっ爆笑😆💣。。)w。。

カメラマンさんのご配慮により、もう一度改めて♪
(皆さま失礼いたしましたm(__)m)w
b0177415_20353727.jpg

その数日後、スタジオの所有者でらっしゃるチェレステ・佐藤智恵社長のお誕生会に、ご招待いただきました。

ご自身もソプラノ歌手としてご活躍されています♪
b0177415_16513628.jpg


実は、昨年紀尾井ホールで出演しました日墺文化協会主催「ガラ・コンサート」でピアノソロを演奏した際に、ご一緒しておりましたが、調律師さんを介して偶然の再会となりました!

この度はゲストとして演奏をお届けさせていただきました
(*´∀`)♪♥
b0177415_16564244.jpg


智恵さん、いつまでも皆さまを幸せにし続けてください♥

よく見ると、なかなか出会ない貴重なピアノです!
装飾が凄すぎます。。(・∀・*)!

ロシアのピアノ巨匠、ブーニンやアシュケナージも、なんとここで演奏したそうです。びっくりです(| ゜Д゜)♪

今日は、これから別のソロコンサートの出演を控えております♪

これからも、よりよい音楽をお届けできるよう、がんばります♪

[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-09-01 16:49

先月7月となりますが、さわやかな夏を迎えた札幌での、モーニングコンサートとなりました!

なにかと札幌にご縁があるここ数年なのですがヽ(*´▽)ノ

コンサートのきっかけとなった出来事は昨年末のことでした♪

遠方に住む父に、演奏を聴いてもらえる機会がないため、責めてもの親孝行のためにと、札幌でひっそり演奏したことが、事の始まりとなりました♪

父メインに両親のためだけに演奏するつもりでいましたところ、聴いてみたいと仰ってくださる方々が5人ほどお越しくださり、お陰さまでアットホームなコンサートとなりました。

ブログには載せそびれてしまいましたが、、、大雪にも関わらず暖かい雰囲気でのひとときでした。

ですが、、このたびは、さらにたくさんの方々が来られ、皆さまのお顔を拝見しましたときには嬉しくも思わず驚きました!朝の貴重~な時間にお越しいただき、ありがとうございました!!

b0177415_14392292.jpg

b0177415_14394556.jpg
北海道の皆さまは、現地の雄大な風景のように、とてもおおらかで勢いのある素直な方々でらっしゃり、

大好きになりました~(*≧∀≦*)

そして、たとえ新しいことでも、熱く進める勇ましい姿は、やはり開拓地ということもあるのでしょうか♪ヽ(´▽`)/

実は、北海道には20年ほど前に修学旅行で九州から訪れていました♪出身地の南日本と比べると、美しい風景と空気や美味しい食べ物のすべてが全く違い、友達と大感激してましたが(≧∇≦)

いつかまた来れたら(*´-`)と願っていたところ、長らくときを経てこのようなご縁で来れてとても嬉しいです♪

北海道の方に九州出身であることを伝えると、外国みたいに違いますよね~!と仰る方も多く、逆に異国のように映るそうです♪

♪♪♪♪

コンサートのあとはお休みいただき、
名所へ行ってきました♪ヽ(´▽`)/

こちらは富良野のラベンダー畑。
b0177415_14592763.jpg
20年前の修学旅行以来の場所だったので、よみがえった感動に浸りました~(*´-`)

ラベンダー畑といえば、ラベンダーアイス❤
b0177415_15003178.jpg
おいしかったです(T_T)

そして、こちらは美瑛の「青い池」
b0177415_15022674.jpg
名のとおり池が青いんです!水の中の成分と、青空が反射してこのような色となるそうです。澄み切った青色には、目も心も奪われます❤

「マイルドセブンの丘」
b0177415_15033151.jpg

名前の由来は、マイルドセブンのCM撮影に使用された場所だそうです( ・∇・)
 
日本にもこのような風景があったのか~と感激しました。ドイツでも目にした風景とよく似ていて、なんだか懐かしくもなりました(*´-`)。。この日の出来事です♪気候が似ているからかもしれませんね☆

このスケールを超えた雄大な風景を見ていると心が癒され(*´ー`*)、北海道の方々のおおらかさと重なります!

実は、北海道の方々の熱い応援により、来春には札幌でのリサイタル開催となりました。詳細は、追ってお知らせさせていただきます!

札幌でお会いできました皆さま、この度は楽しいひとときをありがとうございました!またコンサートでお目にかかれるのを、心から楽しみにしています💕

よりよい音楽をお届けできるよう努めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします‼



[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-08-21 11:03

日独交流~続き♪

ドイツ大使公邸でのコンサート終了後のレセプションでは、様々な方々との貴重な出会いの場となりました。

大学教授の方々、各学校の学長もお見えになられ、また通訳翻訳者として国際機関の一線でご活躍されている方々よりも、お声かけいただき貴重な出会いができましたことを、心より嬉しく存じます!

ご自身もドイツに滞在され、ドイツ語と日本語を駆使されてこられたことをお伺いしましたときには、本番での自分のトークを思い返し、一瞬血の気が引いて倒れそうになりましたが042.gif、、皆さま初めての出会いであるにも関わらず、ご自身の大変貴重なご経験などもお聞きかせいただき、また温かいお言葉もおかけいただき、ありがとうございました!

大使ご夫妻も大変フレンドリーな方々で、ご来場の方々お一人お一人に温かいお言葉をかけられ、その姿には皆さまも心打たれていました。近くにおられた方が、「この心遣い、おもてなしが人々の心を開いて、外交を良好に保つのね。。。」と思わず仰るほどでした。公邸の玄関を出る最後の瞬間まで、素敵な笑顔で「おもてなし」くださいました。

ドイツ大使ご夫妻とです♪

b0177415_13162978.jpg

こちらは演奏直後です♪
素敵な花束と立派なドイツワインまでいただきました(*≧∀≦*)

b0177415_13171577.jpg

当日は留学を考えている10代を中心とする若い方々も来られており、今回のコンサートとお話しを聞きドイツ留学を心に決めることができたと大使にお話しされたことのことで、大使ご自身大変喜ばれていました。

そして、今回のコンサートでは、ピアニストが「ドイツと日本の架け橋」となった、と最後に語られました。

わたくし自身、10代の頃留学を迷っていたときに、当時ドイツ留学から一時帰国した方のお話しとヴァイオリン演奏をお聞きしたことで、同じようにその日の内に留学を決めるに至ったため、お役に立てて嬉しい限りです。

留学を決意したのち、ドイツへの渡航にあたりドイツ大使館には大変お世話になり、当時はドイツ語もほとんどできませんでしたので、期待だけでなく不安もいっぱいでした。ですが、まさかその後このような形で大使館にお役に立てるようになるとは想像もしておりませんでした。

演奏会でもお話いたしましたが、ドイツ現地で、気が付けば人生の大半となる期間、様々な経験を積ませていただくことができたのは、ひとえに多くの心優しい方々と出逢うことができ、また支えられたお陰でした。

環境が変わる道を選ぶときには勇気がいることもありますが、異国の文化を知ることにより尊敬の念が生まれ、価値観や背景が違う方々との理解を得られるという喜びは、未知なことに対する不安よりずっと大きなものかと思います!

 このたびは、日本の伝統的な曲「さくらさくら」を演奏しましたが、この曲をある場面でもう1度聞きたいと、大使ご夫妻よりリクエストいただきました♡どの場面かは、、いずれ追ってお知らせできればと思います♪
b0177415_13215738.jpg


[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-07-18 13:13

日独交流♪

このたび、在日ドイツ連邦共和国大使館主催による、駐日ドイツ大使公邸内でのソロコンサートに出演いたしました。

このような貴重な場で、演奏だけでなく、ご来場の皆さまにはお話しもお届けする機会に預かり、大変嬉しく光栄に存じます!

大使を初めとする外交官並びに大使館職員の方々には、最初から最後まで大変ご親切にサポートいただき、またご来場方々の大変温かい雰囲気にも支えられ、無事に終えることができました。心より皆さまに感謝申し上げます。

この度のコンサートは、演奏のみならず、皆さまへのお話しを、ドイツ語と日本語の両方でお伝えするよう依頼を受けておりました。

初めて企画についてお伺いしましたときは、「ぜひ!喜んでお引き受けいたします!」と本当に心から喜んで即答しておりましたが、大使館という様々な言語が流著にお出来になる方々が来られる場において、自分の言葉を自分で通訳をすることになることにも気が付きまして、、

「自分で語る言葉だけでなく、同時に通訳も間違えないようにお伝えしないといけないですね。。とても緊張すると思います。。」と思わず申しておりましたところ、

ドイツ人外交官の方々より「笑!大丈夫ですよ~!通常は大使館関連の催しには、専属の通訳者が付くのですが、今回は是非ご自身でお願いします!ドイツ語からフランス語に通訳するというようなことがなければ、絶対大丈夫ですよ~!!」と励まされておりました。

また、大使や大使ご婦人とお話ししましときにも、「ぜひお願いします!」と勇気付けられ、今回の形式に至りました。

打ち合わせでは、今回のコンサートの趣旨をご説明いただくにあたり、駐日ドイツ人外交官の方々の日本に対する深い愛情と感謝の思い、また自国ドイツの良さをここ日本で伝えることで、日本とドイツの関係をより良好していきたいという誠実な願いに心打たれました。

また演奏&お話し&自分の言葉を通訳する(!?)一人三役をお引き受けする貴重な機会をいただけたことにも、恐縮ながら感謝しております!

♪♪♪

演奏会場でのリハーサル時です♪

b0177415_19215664.jpg

この場は、日本国内でありながらドイツ領となるためか、ドイツ国内の空気が漂う不思議な空間でもあります。

b0177415_19224644.jpg

当日の演奏プログラムです♪

1.    シューマン 「子供の情景」作品15

2.    平井康三郎 幻想曲「さくら さくら」

3.    ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光ソナタ」作品27 - 2

♪♪♪

それぞれの曲について、選曲の理由についてもお話しを求められましたので、現地の思い出を交えながらお伝えさせていただきました。

-ドイツへ渡った当初に恩人となってくれたホームステイ先のドイツ家族とのお話し。

-在日ドイツ公邸内にも植えられている大きなさくらの木は、実は日本の象徴とされる高貴な意味合い「信頼、純潔、慎ましさ、芯の強さ」などを有している木であること。

- ベートーヴェン作曲の「 喜びの歌: An die Freude」は、ドイツ歴史の重大な出来事の一つであるドイツ東西統一で、ベルリンの壁が壊されたときに友愛の印としてその場で合唱されたこと、その後も世界平和を象徴する曲となっていること。

などをお話しさせていただきました。

背景のガラス越しに見える樹木が、実は桜の木です!

b0177415_19234521.jpg

演奏前の大使によるご挨拶の様子です。隣にいらっしゃるドイツ人の女性の方は、専属の通訳者さんです。首脳会談の通訳なども担当なさるそうです!

b0177415_19241888.jpg

コンサート終了ののちは、美味しい食事が並ぶレセプションで、大変貴重な方々とお会いしお話しできる素晴らしい機会となり、楽しいひとときを過ごさせていただきました。

コンサートはたった1日の出来事でしたが、たくさんの貴重なことが詰まった日となったため、一回では報告しきれないほどです。。

コンサート後の様子につきましては、次回に続きます!


[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-07-16 19:15

2か国語で♪

コンサート当日は、穏やかな小春日和でしたが、

演奏曲目が終盤に向けて徐々に激しくなる構造だっため、途中で演奏者ひとりだけ真夏のように暑くなっておりました。。

この度は、ドイツからの外交官一家がお見えになられたため、関係者の方の勧めもあり、演奏の合間に行うトークを、急遽日本語とドイツ語の2か国語で行いました。

主催者ならびにご来場いただいた方々にご了承を得てのことでしたが、意外なことに皆さまにはとっても驚かれました!!(゜ロ゜ノ)ノ
今回は、日本語→ドイツ語の順でお話いたしましたが、音楽芸術を言葉にしてお伝えする上で欠かせない心情のニュアンスを、それぞれの言語で差異のないように置き換える難しさと責任の重大さを改めて考えさせられました!!

言語には、文化背景、民俗の気質、そして歴史まで関わってくるんだなぁと改めて感じ、もっともっと深く勉強したいという思いに駆られています!

これまでに、ご活躍なさっている様々な言語の同時通訳者さんたちからお話をお伺いできる貴長な機会がありましたが、その方々の勉強量たるや半端なく、集中力やとっさの判断力も並々ならぬほどであった事を思い出しました。。(。>д<)!

実は、十数年ほど前より通訳にも携わる機会いただいておりますが、いつかまたこの日記でも触れられたらと思います♪

今回貴長な経験を与えてくださったドイツ人ファミリーです。前回来てくださった外交官の方が、ご家族でいらしてくれました!

b0177415_13110370.jpg


実は、ドイツ大使館主催によるコンサートにて、演奏と2か国語でのトークの依頼を受けておりますが、今回のことは大変貴長な勉強となりました!

一歩づつではありますが、日々さまざまな方々を通じて、貴長な経験を積ませていただけることに、本当にありがたく思っています。。

b0177415_13114462.jpg


与えられたさまざまな経験を少しでも生かせるようがんばります🎵





















[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-06-17 06:51

どんなときでも♪

このたびランチタイムコンサートにて、ヴァイオリニスト秦野陽介さんと共演いたしました♪
b0177415_16325696.jpg

秦野さんは、長年オーストリアで研鑽を積まれ、シャネルのピクマリオン・デイズアーティスト http://www.chanel-ginza.com/nexushall/pygmalion/としても
抜擢され、各地でご活躍されている大変素晴らしいヴァイオリニストです。

奏でられる音楽だけでなく、お人柄も大変勢いに溢れたスケールの大きな方でらっしゃると、お伺いしていたとおりの方でした。

しかし実は、、本番当日、そんな素晴らしいヴァイオリニストの秦野陽介さん大変な目に遭われたんです。。

なんと会場へ向かう途中に、乗られた電車が停電となり、いつ再開するか分からないといった状況に。。Σ(×_×;)!!

本番直前ともなると、待つより待たせてしまう立場の方がさぞかし辛いと思います。。(>_<)/いただいた電話の声は、泣きそうな感じさえ伝わってきて、かわいそうだったです(´;ω;`)

でもお客さまは来られることには変わりないということで、、

実は、、ヴァイオリニスト到着されるまでの間、どんな状況でも本番を向かえられるようにと、色んな練習や心の準備をしておりました。

しかし幸いにも、なんとか無事間に合われ(^-^)/一回限りとはなりましたが、一緒に練習もできよかったです(*^ー^)ノ♪

落ち着かない状況で来られることとなってしまい、本当に気の毒でしたが、、ヴァイオリンを手にしたとたん別世界に没頭され、素晴らしい深い音色だけが会場中に響き渡っていました。。!さすがです(。>д<)

本番直前の舞台裏でのことでしたが、

秦野さんが、
「演奏の前ってお話とかされますか?何話したらいいかな?」と尋ねられたので、

「曲のお話をしたりしますが、今回は主役(秦野さん)にお任せします♪」
と答えてしていたのですが、

本番を迎え、一緒に舞台へ向かいお辞儀をしたのち、

ご丁寧にも、電車遅延のお詫びをされた後、、

「本日共演するピアニストは切羽詰まった状況でも完璧に対応されます。本当に安心しました。。~省略~。。皆さん彼女のピアノが聴けるのも楽しみにしてください!」

と仰られ、、、突然のお言葉に嬉しくも同時に「皆さまの期待裏切ったらどうしよ。。」と内心青くなったりもしておりました(><*)ノ~~

こんなに切羽詰まった状況でも、他人を立てて思いやれる秦野さんの姿にも、皆さま感動してました。

本番の演奏も素晴らしく、わたくしも緊張を忘れるほど、ヴァイオリンの音色に魅せられ、とても楽しく共演させていただきました!
b0177415_16352336.jpg

泣いても笑っても、どんな状況にも応じて演奏をお客さまに提供できるのがプロであると、師事した師匠たち何度も何度も言われ続けて参りましたが、

どんな状況でも人を心から思いやれる人格こそあって、感動を共有できるプロだと、改めて学びました♪
b0177415_16360163.jpg

次回同じシリーズのランチタイムコンサートには、11月に出演いたします。

どんなときでも感動をお伝えできるよう、
これからも目指してまいります060.gif

[PR]
# by pianist_naomiy | 2016-05-22 00:07