年明けまで、あとわずかとなりました󾬋

皆さまは、どのような年を過ごされましたでしょうか󾬊

今年も、たくさんの良縁に恵まれ、どんなときも、常にさまざまな方々から温かく励まされながら、必死に駆け抜けてきた年でした󾌾

途中でいろいろなお仕事が増えて、睡眠時間が2~3時間という日々も続いたりしましたが、何とか倒れずにいれたのは、周囲の方々のお陰です󾬋

実は以前に、周りの方々の心配をよそに、セーブせず走りきってしまい、しばらく倒れてしまったこともありました。。󾭛

同じことは、できるだけ繰り返さないように気を付けたいと思っています󾬋

どんなことを振り返っても、やはりそこには、感謝せざるを得ない気持ちでいっぱいになります󾌾

今年1年どうもありがとうございました󾠔󾬋

b0177415_23474223.jpg

どうか皆さまにとってよい年越しとなりますように󾬋


















[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-12-31 23:53 | ご挨拶

これまでブログも瀕死状態になったりしながら、なんとか乗り越えておりますが、、

、、とこの度は、書けるときに!と、一気に書いております。。󾬄

さて、、またまた直前ぎりぎりの告知となってしまいたしたが(^^;明日、、というより本日(^^;イブニングコンサート第3回目がございます。

作成いただいたチラシはこちらになります。
b0177415_01041338.jpg


ちなみに写真ですが、以前のはピアニストに見えないと不評でしたので󾭛10年ぶりに撮影していただきました。。

今回のテーマは、「クリスマス~ドイツより」です♪今回は全てドイツ関連となります。

作曲家の当時の心情や当時の歴史背景を追いながら、音楽を共にできればと願っております。

長くなってしまいますが、以下、やっと作成できましたプログラム解説です。研究課題を終えたような気分であります(^^)/

会場で配布されますが、事前の共有を勧められたこともあり、公開いたします♪


~解説~

1.バッハ パルティータ第1番

ヨーロッパ諸国の踊りを組み合わせたもので、プレリュードを始めとして5つの舞曲から次の通り構成されている。1.プレリュード(導入) 2.アルマンド(ドイツ風) 3.コレンテ(イタリア風) 4.サラバンド(スペイン風) 5.メヌエット(フランス風) 5.ジーグ(イギリス風)
バッハが聖トーマス教会音楽監督に就任していた時代に作られた曲で、ケーテン候レオポルドの摘子の誕生祝いとして1726年に献げられた。ヨーロッパ諸国の様々な特徴と、幼子誕生の喜びと感動とが一体となって表現されている愛らしい作品。

2. バッハ(ヘス編曲)「主よ、人の望みの喜びよ」
クリスマス曲と広く知られるこのコラールは、バッハの教会カンタータ第147番「心と口と行いと生きざまにより」に含まれている。
「コラール」はプロテスタント教会で礼拝のときに会衆が歌う賛美歌のことで、「教会カンタータ」は礼拝において、その日の説教のテーマとなる福音書などの朗読と説教の間に演奏される、メッセージ性を持った音楽である。この曲は、クリスマス直前の日曜日のために作曲された作品を改定した後、「聖母マリアの訪問の確日」に初演されたことから、以後クリスマス曲として定着するようになった。マリアの受胎の感動と告白が、始終続く3連符のリズムによって、喜びのモチーフとして表現されている。
編曲者マイラ・ ヘスは、イギリスの著名な女流ピアニスト。第2次世界対戦中に、ロンドンの全てのコンサートホールが閉鎖されたとき、毎日行っていたナショナル・ギャラリーでのランチタイムコンサートで、毎回アンコール曲として演奏しており、自身にとっても思い入れの強い作品となっている。

3.『コンソレーション』(英語:Consolations)S.172は、フランツ・リストのピアノ作品集。『慰め』と英語から訳されている。原題はフランス語でConsolations, Six Penseés poétiques(慰め、6つの詩的思考)。ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公妃マリア・パヴロヴナ(ロシア皇帝アレクサンドル1世の妹)。に捧げられた曲。リストの女性との交際を支援した人物といわれる。

4.ベートーヴェン ピアノソナタ第14番『幻想風に』「月光」作品27-2
ベートーヴェンが30歳のときの作曲された。弟子で、恋人でもあったイタリアの伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディに捧げるために作曲された。ジュリエッタはシントラーの伝記で「不滅の恋人」であるとされている。「不滅の恋人」に宛てられたベートーヴェンの手紙は、情熱と葛藤に満ちており、最後は自身で下した決別とも見られるような告白となっているが、死に至るほどの心情であったことが、この曲においてそのまま表現されている。
通常ソナタ第一楽章は、軽快なテンポ設定として作曲されるが、あえてゆっくりな演奏を指示しているところから、悲しみに衰弱しきったベートーヴェンの感情が表れており、重々しい葬送行進を連想ような三連複が始終続いている。第二楽章は、形式上は緩和楽章であるところから、本来ならば心の休息となるような役割を果たすが、極端に短く作曲されており、ほとんど心が休まらないほどの危ない状態が伺える。第三楽章では、極度に速い16部音符の連続により、苦悩が悲劇的に表現され、何度も訴えかける和音が激しい叫びとなり、最後は両声部が同じように凄まじい下降を辿ることにより、破滅として締めくくられる。
音楽家として致命的とも言える難聴にも悩まされていた当時、日記の中では、自身に言い聞かせるようにして、次のように手記している。
「忍従、お前の運命への心からの忍従、唯これのみがお前に犠牲を~奉仕活動を強いるのだ~お前自身の中、お前の芸術の中以外は、お前にはもはや幸福はないーおお、神よ、私に打ち勝つ力を与え給え、何物も自分をこの世に縛り付けてはならぬーかかる状態ではA(不滅の恋人)のことも全てが破滅だ」

♪♪♪♪

ベートーヴェンのたった1曲を取り上げるだけでも、1人の人間の困難に立ち向かう精神を垣間見るに至り、その姿には心打たれます。そして音楽はもっと直接的に魂に訴えてきます。。

少しでも、音を通じてその精神性をお伝えできるよう、明日も頑張ります♪


[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-12-10 01:42

新たなシリーズ♪

まずご報告になりますが、都内でのコンサートに出演した際に、音楽事務所アルペンミュージックオフィスからお声かけいただきまして、この秋より、イブニングコンサートシリーズがスタートする事となりました。

事務所には、主にドイツ語圏で活躍されてきた演奏家の方々がいらっしゃり、これまでにも演奏会を聴く機会に恵まれましたが、皆さん心を惹き付けられる素晴らしい演奏をされます。。!

そのようなところより、シリーズをお声かけいただとき、大変有り難かったですが、今のわたしにできるだろうか、、と実は悩みもいたしました。

「今までいろいろな経験を通じて培ってきた感動を、どうか人々にも伝えていく事をしてください!どうか本来の姿でいてください!」と頂いた言葉に心奮い起こさせられ、スタートいたしました。

演奏家は芸術家でもあり、皆さまに感動をお伝えしていくには、逆に皆さまにお聴きいただく事を通じて成長し続ける必要があると思っております。

今回その貴重な機会が与えられ、受け入れてくださった周囲の方々には心より感謝しております。これからも、芸術や文化交流を通じて、よりお役に立てるよう、精一杯頑張って参ります♪

さて、、このシリーズですが、実は10月よりスタートしまして、すでに2回が過ぎ去りました。。

毎回テーマがありまして、第1回目は「ショパン~魂の葛藤と慰め」、第2回目は「ウィーン風」となり、その当時の歴史背景と音楽の関連性を追いながら、進めております。

まだまだ、しばらく続きますので、次回からも、どうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m


[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-12-10 00:36

芸術の秋~開始♪

すっかり秋らしくなりましたね~。。󾀿

󾀿芸術の秋󾀿月を迎えた途端、今年後半のコンサート活動開始となりました♪

同時に、naomiy(別名・きまぐれ。。)日記も再開です(((^^;)何人もの方々に「ブログどうしたんですか?」「ブログ止まってますよ!?」とご指摘いただいてしまいました。。ただいま意を奮わせて書いております(><)♪

コンサートでまた是非聴けたらと、お声かけいただいた方々のご厚意に、とても感謝です󾌾

まず、今月初めは、国際芸術連盟主催による、すみだトリフォニー小ホールでの、コンサート「NINE」にて、ピアノソロ出演いたしました。

著名な音楽家の方々により演奏される、素晴らしいホールということもあり、やはり音響が夢心地のように素敵でした。

「NINE」とは、英語表記なのですが、文字通り9という意味で、このコンサートでは「9人の作曲家」と意図されていまさした。

わたくしは、その一人の作曲家、フランツ・リストの曲を演奏いたしました。

b0177415_23305645.jpg

親切なスタッフの方々の気配りには、大変助けられました。

♪♪♪♪

そして、先日は、南麻布ランチタイムコンサートでした。

これまでにたくさんの素晴らしい演奏家が出演され、今回でちょうど170回となるランチタイムコンサートでした。

主催は、サポートミュージックソサエティです。
http://www.centre-hall.com/index.html

略して、SMSなのですが、ショートメールの意味じゃないです!と、コンサートではアナウンスがなされました。確かに、間違えそうです。。(^^;)

とても親切なスタッフの方々に支えられながら、演奏曲の説明を交えつつ楽しく演奏させていただきました。
b0177415_00193201.jpg

大変お世話になっております主催者の鈴木元スタインウェイジャパン会長、そしてスタッフの方々です。
b0177415_00162573.jpg

実は、ここ南麻布セントレホールにて、他にいろいろなコンサートを企画いただいております♪詳細はまた追ってお知らせいたします(^^)/


[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-10-04 14:56

5月の想い出♪

梅雨に突入しましたね☔

梅雨が来てしまう前に、思う存分味わっておこうと、先月はたくさんお散歩しました🏃👣

お散歩風景より♪
b0177415_16240659.jpg


癒されました~😌
なぜか普段いないはずの鶴も発見👀
b0177415_16243114.jpg


さて、、前回のブログでお知らせいたしました、コンサートの様子です♪

告知はぎりぎり、報告は1ヶ月後、、、となってしまいました(^^; やはり、気まぐれ日記に改名すべきかな。。(^^;

当日は、思いがけず多くの方々にお立ち寄りいただき、大変よい雰囲気のなか、演奏させていただくことができました!
b0177415_20462335.jpg


お聴きいただいた方々お一人お一人の温かい笑顔のお陰です!初めてお会いしお話した方々の、親切な心にも触れることができ(T_T)感謝感動の1日となりました♪
b0177415_17374675.jpg


お越しいただいた方の中には、別の演奏会のご提案をくださった方もいらっしゃいました。大変ありがたいです(T_T)

アーティストとして、また聴きたいと思ってくださる方に会えるのは、命の糧なようなものです。

感謝とともに、これからさらに努力を重ねていけたらと、いろいろと新たに決意をいたしました!

これからもよろしくお願いいたします♪

[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-06-14 16:23

春らしい日差しが心地よい時期になりましたが、よいお天気が続くといいですね☀

さて、ゴールデンウィーク中になりますが、ラフォルジュルネジャパンのエリアコンサートに出演いたします。

URLはこちらです。
http://www.marunouchi-event.com/lfj2015area/artists/

日程は明日5/3(日)です!。。

ぎりぎりの告知となり、すみませんm(__)m

下記にてお知らせさせていただきます。

日時:2015年5月3日(日)
開演時間:14時
会場:新丸ノ内ビル アクエリウム3F
http://www.marunouchi.com/page/access/access_shinmaru.html
~入場料:無料~

「心に響く音の情景~情熱と慰め」をテーマに、いくつか曲をお届けいたします。春にぴったりな曲も、ご用意しています♪

東京駅からも歩いてこられる、アクセスのよい場所です。

当日は、連休ということもあり、1万人ほどの方々が往き来される中で、演奏をお聴きいただくことになりそうです。

お食事&お買いものがてら、
お近くまで来られることがあれば、
是非お気軽にお立ち寄りくださいヽ(´ー` )ノね♪

[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-05-02 02:08

日墺文化協会♪

先月になりますが、日墺文化協会主催のガラコンサートに出演いたしました♪

日=日本、墺=オーストリアの略であります。わたくし自身は、オーストリアに住んだことはありませんが、ドイツ語繋がりで、とても親しみを感じております♪

コンサート会場は、紀尾井ホールでした!
素晴らしい音響の中に、選び抜かれたスタインウェイピアノが置かれており、言うまでもなく抜群のホールです(*≧∀≦*)

そして、何より、温かいお客さまとスタッフの方々に始終支えられ、演奏させていただけた事に、大変感謝しております!

たくさんの温かいお手紙もいただき感激しました。にもかかわらず、お会いできなかった方々へのお返事が遅くなり、お待たせしてすみませんでした!

演奏会は、舞台上で見えない方々のご支援なしでは決して成り立たないと、改めて感謝しています!

こちらは、終演後です♪
b0177415_01495202.jpg

お隣の方は、在ヨーロッパ大使館の元大使ご婦人でいらっしゃっいます。

お会いできながらも、ごゆっくりお話できなかった方々が、他にもたくさんのいらっしゃいましたが、次回は是非と思っております!

舞台での写真は、入手できましたら、いつか!upできればと思います♪

そして、こちらは全く別になりますが、流山市での慰問コンサート終了後です♪
b0177415_01524295.jpg

人生の大先輩の方々にお聴きいただき、また音楽を通じて触れあう貴重な機会となりました。

なかには、演奏に泣いていらっしゃっる方もいて、その方の涙に、わたしも思わず涙腺がゆるみました。献身的なスタッフの方々の姿も感動的でした。

音楽を通じて、感動の心と心が触れあえるときこそ、音楽家にとってこれほど有りがたく生き甲斐を感じれる瞬間はないです(>_<)

次回は秋に出演を予定しています♪

そして、数日後にもコンサートを控えていますので、この後あらためてお知らせいたします♪



[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-05-02 01:47

ゲスト出演♪

京北ホールでの演奏会に、ゲスト出演いたしました。

リトルピアニストから大人の方々まで、ピアノのみならず様々な楽器演奏を聞ける豪華な演奏会でした♪

かわいいリトルピアニストです♪エンジェルちゃんたちの演奏には癒されます《*≧∀≦》
b0177415_11485294.jpg


主催者の先生ご自身も、ピアノ以外に、なんとトーンチャイム、いろいろなリコーダーを生徒さんたちと一緒に弾きこなされました!

やはり、先生が一緒に弾くことは大事だなあと、改めて思いました。ご一緒させていただき、とても勉強になりました♪

♪出演者の方々とご一緒に♪
b0177415_11494973.jpg

b0177415_11591884.jpg

次回は冬になりますが、また出演いたします♪
出演者の皆さまとも、またお会いできるのを楽しみにしています♪♪
[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-03-29 11:57

先週になりますが、東日本被災地支援コンサートに出演いたしました。

あの未曾有の出来事から、3年が経ちましたが、被災地では多くの傷跡が痕を立たないと聞いております。

微力ながらにも、何かのお役に立てればという思いで、出演させていただきました。

今回のコンサートは、2部に分けられ、わたくしは、後半にピアノソロを演奏いたしました。

1部では、ソプラニスト志保さんが、素敵な歌とトークを披露されました。始終聞いていましたが、2部からの自分の出演を忘れそうになるほどでした。。!

志保さんは、イギリスに留学され、いろいろな演奏会で活躍されています。演奏だけでなく、お人柄もとっ~てもきさくで素敵です♪

ピアノの前で♪
b0177415_21162905.jpg


今度は共演できればと、有難いことにお声かけいただきました♪

ならば~っ!と、聴きたい&一緒に弾きたいと思う曲をいろいろ♪いろいろ♪リクエストしてしまったのですが、曲が一致していたので、すでに嬉しくなっているところです《*≧∀≦》

♪♪♪♪

実は、今日も一つ演奏会に出演いたしました。ご報告については、また書かせていただきます♪
[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-03-14 21:13

国際交流会♪

今年も早いもので、すでに4分の1が過ぎてしまいました。。!

瀕死状態のブログではありますが、なんとか続けてまいるつもりでおります。。!

昨年は、皆さまにささえられながら、感謝のなか、1つ1つのことを、精一杯走り抜いてきた年でありました。

お陰さまで、様々な方のご厚意により、今年も素晴らしい演奏会の機会をいただいています。よりよい音楽芸術をお届けできるよう、最善を尽くして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします♪

さて、少し前になりますが、松戸国際交流協会主宰パーティーの、コンサートに出演いたしました♪

松戸市には、似たような名前の団体が他にもあるようですが、この度は、松戸市役所管轄の協会に関わらせていただきました。

海外からいらっしゃっり、松戸市に在住され、さまざまな国際交流活動に貢献された方々の表彰式が行われました。
<
b0177415_14501427.jpg


約20ヶ国ほどの方々が、舞台にて表彰されました。

日本にて、遠く離れた祖国の良さを伝えてくださり、同時に日本の良さも祖国へ伝えていらっしゃる方々です。

きっと、そのような方々のお陰にもより、お互いにの国々に対する喜びや信頼感が増し、さらには平和へと繋がっていくのだろうな~と改めて思いました。

この日のわたくしの任務は、コンサートを通して、日本の良さを伝えるというものでした。

ピアノ演奏と共に、日本語の歌を皆さんと歌い、心をより1つにできればと、依頼者の強い願いによるものでした。

皆さんと歌うのかと思っていましたら、「やはり、初めは日本語を1人で弾き語りをお願いします」と依頼をいただき、、

そして、なんとピアノ演奏だけではなく、弾き語りまでいたしました。。!

b0177415_14512239.jpg


ピアノの舞台演奏は、これまでいろいろと経験を積ませていただいていますが、弾き語りは生まれて初めてでした。

そのため、これまでにないほど、緊張しました。。汗

なので、本番前日に、来てくださる方々に、聴き苦しい声をお聴かせするであろうことを、前もってお詫びしたほどです。。

会場では、たくさんのグローバルな方々よりお話をお聞かせいただきき、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました。

ですが、慣れない弾き語りで、エネルギーを使い切ってしまったのか、その後本当にふらふらになり、足を滑らせ倒れてしまい、なんと救急車で運ばれてしまいました。。

幸い打撲傷だけで、大きなけがはありませんでしたが、周囲の方々にはご心配おかけし、すみませんでした。。。!

いろいろお騒がせしておりますが、、引き続きよろしくお願いします❗


[PR]
# by pianist_naomiy | 2015-03-06 14:48